●○●now Recording

Rinky Dink Studio所属。レコーディングエンジニア三浦実穂のブログです。レコーディングさせて頂いたCDのご紹介、近況報告など。

◎  JOHNNYPARK「六畳に棲むケモノ」 

今回もジョ二パの音源のレコーディング/mixを担当させて頂きました!!

BDnrXDrCUAEs7Sf.jpg

六畳に棲むケモノ」 / JOHNNYPARK

1.soda
2. とりで
3. 朝と灰色

発売日: 3月29日 (肉の日)
値段: 500円 (予定)

「六畳系ニホンゴロックバンド」
六畳というなんとも等身大で限られた空間をテーマに、
渦巻くエネルギーを暴発させた3部作が詰まった1枚。
「詰まった」という表現がぴったりな内容の濃い作品です。
3日間みっちりスタジオにそれこそ引き蘢ってコトコト煮込みました。

こんな感じ(以下の写真撮影:松井棒氏)

285355_219269354878086_489205741_n.jpg

225201_219275464877475_72211613_n.jpg

734875_219269721544716_1968388189_n.jpg

レコーディングの様子、CDの詳細などぼーかるのYou-goさんのブログで詳しく紹介してくれています
http://ameblo.jp/elephant1007/entry-11475085732.html

レコ発は、3/29、下北沢ERA!!
今回も、とんでもないお祭りをやらかしてくれそうです
150665_209826312489057_175397469_n.jpg

JOHNNYPARK HP
http://johnnypark.info/PCTOP

You-goさんのブログから転載、
「六畳に棲むケモノ」レビュー。↓

「リア充などと一緒にいられるか!俺は部屋にもどるぞ!!!」
六畳系ニホンゴロックバンド、JOHNNYPARKがお送りする
ミニマルで、自虐的で、ゆとり世代の葛藤と苦しみを生々しくもコミカルに表現
そんな2ndデモがついに完成。

今回は「六畳系」のテーマにより忠実に、部屋に籠ることについて歌った歌を
詰め込んだ「引き籠もり3部作」により構成されている。
JOHNNYPARKが得意とする「お祭り」的な部分の側面にある「ネクラ感」が
全面に押し出されている。

「俺たちを見ろ」といったぶしつけなメッセージが多い昨今に
広い層ではなく、あえて「引き籠もり」へとエールを送り、共感を訴えた今作は
JOHNNYPARKから掲げられる「死亡フラグ」
社会から離れ、炭酸を失い、部屋にこもり、朝を迎えるのを怖れて
社会的に死んでいくことを示唆するものだ。

ジョニーパークがリアルに感じた
「ゆとり世代が感じるべき社会への違和感」
そのうだつの上がらなさと、生々しさは目をそらされがちにもあるが
すごくエポックなテーマと言える。

お手々つないで輪を作れないやつらの、孤独で荒々しい
その名の通り「六畳サイズ」の祭りが、このCDにはあると言えるだろう。


------

おまけ。
コーラス録り、踊るBaショウヘイ氏
(動画でないのが残念。。踊りまくりながら顔とマイクとの距離を全く変えずに
機敏な動きをしている)

558152_219066558231699_867827946_n.jpg
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://recmiuramiho.blog.fc2.com/tb.php/24-1d4302a2


back to TOP