●○●now Recording

Rinky Dink Studio所属。レコーディングエンジニア三浦実穂のブログです。レコーディングさせて頂いたCDのご紹介、近況報告など。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  ミキシングとクッキング 

音をmixすること、音作りをすること、
もしくは楽曲を音源として組み立てることと料理を作ることって似ている気がします。

音楽を作る人はプレイヤー、製作者どちらにしてもみんな割と思ったことがあるのではないでしょうか、、?笑

こう、
イメージ的に
ロー → 味の土台部分
ミッド → コクとか深み的な部分
ハイ → 香りとかスパイス的な部分
みたいな感じありますよね。

アンプで音作りする人、分かりますよね?笑

あ、お酒に拘りのあるバンドマンの人とかもきっと通じますよね。
私は日本酒でもワインでもローミッドが効いてるやつが好きです。
ここでもローファイ嗜好を発揮しますw

料理で言うなら、
例えばスープを作ってたとしてミッドが足りないなーと思ったらこう洋風ならソースとかコンソメ、
中華風なら鶏ガラ的なやつ、…
ハイが足りないなーと思ったら塩コショウとかスパイス系、みたいな感じです。
結構mixしてる時と感覚が似てるんですよね。

完成の感じをなんとなくイメージして、
組み立てていきながらもうちょいここのギターにエッジを立たせたい、とか
ここのギターは甘く丸い感じにディレイで溶かす、とか
スネアが胴が太く幅持ってる感じに、、とか
そういう。

録り音の質が良ければミックスが比較的楽なのも一緒で、
素材が良ければ下手なことしなければ大体美味しくなる的な…

逆も然り。
素材があまり良くなかったらごまかすことはできても劇的に美味しくするのは多分難しいですよね~。

そこを目利き(このテイクはもう一回やろう、ここはmixで調整しよう、とか、
音作りに対する録れ音に関しての判断とかも、、)
する力もエンジニアの大事な能力だなぁと思います。

料理がうまい人って、
mixがうまい人とか音作りがうまい人と一緒で
バランス感覚とかイメージを描く力が凄いんだろうなぁーと思うんです。

で、多分mixがうまいなって言う人はその楽曲が求めてるイメージを汲み取って
それを音でバランスよく具現化できる人だと思うんです。

と、一口に言ってもその中にも、

汲み取る為のイメージの幅が広い、
とか、

それを実現させる為の引き出しが多い、
とか、

全体を俯瞰で見たときのバランス感覚が良い、
とか、

もうとにかく作業が早い、
とか、

他にも、
こう拘りのラーメン屋のように一つのジャンルをとことん突き詰めた人や、
何を頼んでも美味しい定食屋さんみたいに色んなジャンルも間違いなく仕上げつつちょっと自分テイストを出してくる、
とか、
色んなタイプの人がいると思うのですが。


私はいいmixを目指すにはイメージを共有してなんぼだと思っておりますので、
レコーディング中もmix中も結構しゃべります。

作業中でもなんでも何か思ったらガンガン話し掛けてくださいね。

左手でメモ取りながら(左利きなんです)右手でマウスを操作しつつしゃべるとかわりかし行ける方なので…多分。笑
伝え方もなんでもいいです、


キラッとした感じのリバーブに、とか殴られてるみたいなドラムの音に、とか笑
過去にメンバー全員が次々に立ち上がって
曲のイメージを全身で身振り手振りで表してくれたバンドもいました、
アレは面白かった…w

イメージを共有できる、
もしくは話の伝わる(必ずしも口数と比例せず)
エンジニアさんと出会えることがきっとバンドに取って良い結果になると思います。
ちょっと話が逸れましたかね。

なんとなく、音作りがうまい人とかmixができる人って料理できちゃう人多い気がするんですよね。
いい音楽とうまい料理は、良い肴。

頑張ります。
スポンサーサイト


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。