●○●now Recording

Rinky Dink Studio所属。レコーディングエンジニア三浦実穂のブログです。レコーディングさせて頂いたCDのご紹介、近況報告など。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  八王子NOW2016 全国リリース! 

一曲入魂全世代全ジャンル対応地域密着型オムニバス「八王子NOW」
通算3枚目となる「八王子NOW 2016」リリースとなりました!

1007135405.jpg


1. 南極星 / Mr.M
2. 錆びた映像 / モノクロ街道
3. distance / 3DAYS LIFE
4. K / Use With Caution
5. つうがくろ / 中村啓士
6. ホットケーキ / Pororoca
7. 愛の矛盾 / KOZUMI
8. 環状線 / JEEP橋本
9. 東京デモクラシー / パラボラ
10. dance with happiness / LioneL
11. 奇跡みたいな夜 / LITTLE WONDERS
12. バイバイ・グッバイ・サヨウナラ / 下駄箱にラブレター
13. ジン / THE ORION
14. Give it up / FAKE STANCE
15. ハルナ / amolu

--------------------------------------------------

うち、三浦はモノクロ街道、3DAYS LIFE、JEEP橋本、パラボラ、THE ORION、amoluの6組のレコーディングとMIXを担当させていただいております!

全バンド新曲で、ジャンルも様々。
八王子の音楽シーンの「今」がどれだけ熱いかビシビシ感じられる内容になっていること必至です。

私が担当させていただいた方々をちらりと紹介。

モノクロ街道
ひねたオルタナ感がかっちょいいロックバンド。
歪ませて汚くするMIXとか私大好物なんでとことん尖った仕上がりにさせていただきました。
アルバムの中でも異色の存在になっているんじゃないかと!(にやり)

3DAYS LIFE
正統派メロコア!実は前にも担当させていただいたことのある馴染みのバンドさんで、
わきあいあいやらせていただきました。
収録の新曲のメロディの気持ちよさ最高です。
今までの音源でも一番の仕上がりかも、ってメンバーさんの一言頂きました♪

JEEP橋本
ブルースの流れを汲むような自由で情感のある演奏が魅力のJEEPさん、
今回は音源ならではの、アコギの多重録音で珠玉の1曲を収録しました!
CD、ということの良さを活かした面白い仕上がりになっています。

パラボラ
現代っ子な感じのガールズスリーピースバンド。
女の子だからと舐めてはいけない、みんな演奏うまいです。
唄ものと見せかけて凝ったフレーズ練り込んでます!

THE ORION
グラムの匂いがする、ロックンロールバンド。
なかなか最近の若手には珍しい、まっすぐかっこいい隙間の生きた楽曲。
センスいいです。

amolu
優しい唄が魅力のうたものギターロック。
心地よい楽曲に浸かれます。大事な音源のオオトリを飾れて私もうれしいです!
気持ちのいい、浮遊する空気感を是非味わってください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

全国のCDショップで買えます。
濃い内容になってますので後悔させません。

全国ツアーも決まってますので是非チェックしてください!
スポンサーサイト

◎  walrus 初音源「12月」 

スリーピースギターロックバンド、walrusさんの初音源を担当させていただきました!
LINEMUSIC、itunes、Applemusic、Googleplay、eggs等で配信中。

walrus.png

アートワーク素敵すぎる!!このTシャツ欲しい。
http://recochoku.jp/song/S1003391919/

https://music.line.me/album/mb0000000001080b77?track=mt00000000097e87fd
上記から視聴可能ですのでぜひ。
一度聴くと頭の中を回り続ける力とキャッチーさを持ちつつも、
バンド感があってかっちょいい楽曲です。
私もついたまに日常生活の中で歌ってます。笑

初ライブは来月8月27日(土)に吉祥寺シルバーエレファントだそうです!
私もほかの楽曲もライブで是非体感したいです。

是非チェック!

13320006_1105545572839852_2432352536330743043_n.jpg

walrusの皆様とわたし。

◎  レコーディングのやり方について 

たまには、作品紹介以外のことも。
これから初めてレコーディングをしようとおもってる人に役立つかもしれない、レコーディングのやり方について!
レコーディングのやり方というか、手順というか、これはバンドさんによって本当様々です。
クリック(メトロノーム、ドンカマ)を使う使わない、
どこまでの楽器を同時で録る、などは、よくどうするのがいいですかね?と聞かれたりもするのですが、
目指す雰囲気や、バンドさんそれぞれのグルーヴの出し方
(あくまでリズム隊の演奏にみんなが合わせていくのか、全員同時で演奏してる雰囲気が大事なのか、
かっちりめに録っていきたいのか、、など)
に合いそうな方法、希望を教えてもらえればそれに沿ってこちらも準備します。
私の場合は、バンド的に1番演奏しやすいと思うやり方をしてもらうのが結果的に1番良いと思っています。
(時間がどう考えても足りない場合はなるべく同時で録れるところは同時で録ることを勧めていますが。。
バンド編成で10時間で3曲、mixもして完成させて持ち帰ります!とか)
ここからは色々なやり方について詳しく書いていきます。
1、完全にバラで録る
まずドラマーがクリックだけ聴いてドラムを録って、
次にそのクリックと録れたドラムを聴いてベーシストがベースを弾いて、
クリックと録れたリズム隊を聴いてギタリストがギターを乗せて…
という完全に1人ずつが自分と戦う方式。
<良い点>
クリックを基準にして細かいヨレなどにまで注意しつつ丁寧に録っていくことができる。
確実に一つずつ問題をクリアしながら録っていける。
分離よく丁寧に録れる。
<注意する点>
注意点というか大前提として、
ドラマーがクリックだけを相手に演奏しても、
クリックにある程度合いつつ且つグルーヴも出していける、
当然曲の尺や展開は間違えない、というくらい曲が身体に染み込んでいて、
普段からクリック練習もしてないと難しい。
どうしても1人ずつで録っていきたいけど、
ドラムだけで録る時に仮歌仮ギターが無いと曲の展開が分からない、
もしくはイマイチ乗れない、という人も珍しくないです。
そういう時はラインで仮ギター、mixルームで仮歌、など一緒に演奏してもらいますが、
結局仮歌仮ギターと釣られ合ってクリックの意味がない……
という展開も見かけたりします。
そうなるくらいなら最初からギターはアンプブースに入れるなり後でリアンプするなりで同時で録っちゃって、
あとで1人ずつピンポイントで直していく方が効率はいいです。
リズム隊だけ同時で、というのも良く使う手段ですね。
仮歌仮ギターはあくまで仮なので、
展開の確認程度に聴きつつしっかりリズムキープする強靭な心が必要です。
それと、この方法は当然時間がかかります。
仮に全員1発で決めたとしても、同時で録ったら1曲5分のところを、
ドラム、ベース、ギターで5分×3かかる訳で単純に3倍掛かるわけです。
全員1発で決める人達は流石に見たこと無いんでもちろん実際はもっともっとかかります。
ワンパートが自分の録りに1曲1時間掛けて4人編成だったら4時間、
セッティングや音作りもそれぞれあるのでトータル5時間、
歌録りに1時間。
そこからmixに2時間使ったら1曲の録りで8時間パックでギリギリということになるわけです。
ドラムやベースで苦戦しすぎてギターに全然時間使えなかった、
とかボーカルが出番まで散々待たされたのに時間に急かされて1、2回しか歌えなかった、
ということにならないようにしっかり準備して時間配分していきましょう!
fc2blog_20160803213434e00.jpg
2、楽器全部同時で録る
クリックは目安程度に流して(もしくは聴かないで)、
全員一緒にドカンと録りましょうという方法。
「一発録り感」や「プラスの意味での荒さ」を好むバンドは敢えてこれに挑むこともあります。
ヘッドホンしたくない!クリックもいらない!
ってバンドさんの時は全部のアンプを1つの部屋で鳴らして同時に録っちゃうこともありますが、
ベースはアンプ出しするとローがドラムのマイクにもギターのマイクにも回り込んで
色々とmixの時に苦戦したり音がボヤけたりする時もあるので、
ベースはラインで録っておいて、
あとでその録ったラインの音をアンプから流して再録することで厚みのある音に仕上げるということもよくやります。
(リアンプと呼ぶ方法です)
<良い点>
多少クリックと合ってなくても、楽器同士が噛み合っててノリがあればかっこよく聴こえたり、
むしろそれが味になったりもする。
バラ録りでは出ない一体感が演奏的にも音質的にも出せる。
効率が良い。結果的に演奏に使える時間が長く取れます。
<注意する点>
後から部分的なミスをピンポイントで直すということに限界がある。
場合によっては部分的に別テイクと差し替えとか、
アンプの位置や向きに配慮することで音のカブりを減らして部分的な直しをできるようにする、
とかも可能ではありますが、これが違和感無く直せるかは演奏の安定感次第になってきます。
クリック聴きながら同時で演奏、
をする場合は普段からクリック練習してBPMをしっかり決めてきてくださいね~。
fc2blog_20160803213515abc.jpg

3.楽器は同じ部屋で同時で演奏するけど音が干渉し合わないようにアンプだけ別の部屋に入れてしまう
1と2のいいとこ取りような方法です。
演奏者は全員同じブースで同時に演奏するけど、
アンプは別の部屋に置いておいて、お互いの音はヘッドホンの返しから聴くという方法です。
同時で演奏はできるので演奏のノリは出しやすいですが、
楽器の音同士は干渉しあっていないのでピンポイントで一人ずつ直すことも可能だし、
後々バランスの調整も音が干渉し合ってない分調整できる幅が広いです。
この方法は、演奏ブースが複数あるプランに限られてくるのでRinkyDinkStudioでこの方法を取りたい場合は、
八王子店か、荻窪店の7st+8stプランをご利用ください!
fc2blog_2016080321355435b.jpg
長くなっちゃいましたが今回はこんなところで。
あ、あとmixにどれくらい時間かかりますか?もよく聞かれるんですが、
時間はあればあるだけできることが増えます。
なので余裕は見れるだけ見てもらえるとありがたいです。
1曲なら2時間、複数曲なら3、4時間くらいはあれば嬉しいですが、、
録りに時間が掛かりすぎてしまってmixがものすごい駆け足になってしまうこともやっぱりあって、
そういう時もできるだけ時間内で最大限頑張らせてはもらいますが、
あまりに時間が無いと、正直もったいないです。
時間配分しっかり組んで、
バンドに合ったやり方を探しましょう。
相談でも質問でも気になることはなんでも言ってもらえれば一緒に考えます。
一緒にかっちょいー音源作りましょうー!
fc2blog_2016080321265621c.jpg


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。