●○●now Recording

Rinky Dink Studio所属。レコーディングエンジニア三浦実穂のブログです。レコーディングさせて頂いたCDのご紹介、近況報告など。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  野田薫「この世界」 

野田薫さん、5年ぶりのフルアルバム
「この世界」
録音とMIX、マスタリング担当させて頂きました!

この世界

ゲストミュージシャンはあだち麗三郎さん、西井夕紀子さん、角銅真実さん、表現(Hyogen)[ 権頭真由さん、佐藤公哉さん、園田空也さん、古川麦さん]、
ジャケット写真は鈴木竜一朗さん。

野田さんご本人もそうなのですが、参加ミュージシャンの面々、
私がエンジニアを仕事にする前から関わりも深く大好きな人達で、
個人的にもとても思い入れの深い作品作りになりました。

野田さんの楽曲は、すっと流れるような素朴さもありながら、
独特でユーモラスな「野田さん節」が随所に溢れています。
その「おっ」と思わせる曲の引っ掛かり、みたいなものが私は凄く気に入っています。
それはちょっとしたメロディの展開だったり、歌詞の言葉選びだったり、曲の流れの運び方だったり。
自然体でありながらも、型にはまったりせず自由で彼女「らしい」部分がとても魅力的で、
さらに今回のアルバムの参加ミュージシャンの方々は全員が全員、その人にしか出せない空気感と音を紡いで行くタイプの人達なので、
このメンバーでないとなし得ない作品に仕上がっていると思います。

自由で楽しくて、それでいて日常に寄り添うような優しさのある楽曲達は、
きっとたくさんの人の日々に寄り添うことになると思います。

mixしながら、それぞれの音が活き活きと動き出す瞬間というのが何度もありました。
いい音に仕上がってると思います。(自負。笑)
先日、心待ちにしていた完成盤を受け取り、聴くことができました。
とても素晴らしい作品です。皆様の元に届くのが楽しみです。

リリースは5/31。
metacompany (メタカンパニー)、amazon、タワーレコード、HMVなどで予約受付中です。
metacompanyから予約すると豪華ゲスト14組との共演を収めた特典CDRがつくそうです。
私も欲しい。
metacompany


((各サイトより転載、CD紹介))
-----------------------------------------------------------

あだち麗三郎プロデュースによるファーストアルバム「あの日のうた」から5年。
シンガーソングライター野田薫の異彩を放つセカンドアルバム、「この世界」が完成した。
童謡のように素朴でシンプルなメロディーにのせたまっすぐな歌声と瑞々しく透き通ったピアノの音色。クラシックの要素を感じさせながらも、ときに奇想天外に、華やかさとユーモアを添える楽器の音色の数々。そしてさらに際立つ楽曲そのものの存在感。

◆ファーストアルバムリリース後の5年という歳月の中で経験した、イギリスでの一年半の生活、また、さらに新鮮な目線で捉えることのできた帰国後の生活。住む場所を変えても変わることのなかった生活の軸、人とのつながり、出会い。そんな、自身のいる「この世界」の輪郭を、飾らない言葉と歌で紡いでいく。

◆今作では、ゲストミュージシャン及びサウンドアドバイザーとして再びあだち麗三郎を招き、その他にも、昨年ヨーロッパツアーを成功させ、多方面から注目を集めているオルタナティブフォークユニット“表現(Hyogen)”、舞台・映画の楽曲制作をはじめ、ceroやあだち麗三郎の楽曲のホーンアレンジを手掛けるなど幅広い分野で才能を発揮している音楽家の西井夕紀子、古川麦のサポートをはじめ現在引く手数多となっている個性派パーカッショニスト角銅真実が参加。

◆2014年秋から活動を開始した、野田薫、西井夕紀子、角銅真実の女性三人バンド“野田薫トリオ”が、ピアノ、アコーディオン、パーカッションのみで大胆にアレンジを施した「おはようさん」や「帰り道は楽しい」が、今作において奇想天外・自由奔放を思わせる独自の存在感を発揮し、そこにさらに、あだち麗三郎の歌うようなドラムが映える「あとかた」、表現(Hyogen)による一発録りでの圧巻のパフォーマンスに思わず引き込まれる「夏のおわりに」「ラジオ」がドラマチックな流れを生み出し、ひとつの物語として導いていく。

今作で、歌の世界を視覚的に、繊細かつ大胆に再現することに成功したのは、彼らゲストミュージシャンの貢献も大きい。その世界観は、他に類を見ない独自のポップミュージックと言えるだろう。


vocal, piano, 作詞・作曲:野田薫

【ゲストミュージシャン】
あだち麗三郎(drums)/ 西井夕紀子(accordion, trumpet, piano)/ 角銅真実(percussion)/ 表現(Hyogen): 佐藤公哉(violin,viola), 古川麦(guitar), 権頭真由(accordion), 園田空也(contrabass)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スポンサーサイト


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。